TALKBOX Sound Labo. | トークボックス研究所

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 より

Shinji
I'm just a amateur musician.

トークボックス研究所では、トークボックス初心者向けに説明と発音の仕方を紹介します。
自作方法や販売しているところも掲載。

トークボックスについて

トークボックスという一部で熱狂的な人気のある楽器を練習しています。トーキングモジュレーターというエフェクターのひとつです。通常はキーボードやギターにトークボックスを繋ぎます。装置の細かい説明は本編で紹介するとしてここでは省略させてもらいます。キーボードの音なのに歌っているように聞こえる(実際歌っているんです。自分の声をほとんど出さずに)、ハマル人はとことんハマル不思議なサウンドです。

ちなみにヴォコーダーとトークボックスは全く違う仕組みです。実は私自身その違いについて長年よく理解していませんでしたが、トークボックスプレイを実際に観たりして違いを理解しました。音楽ライターでさえ混同している解説を書いている場合が少なくありません。

TALKBOX + YAMAHA DX100

代表的奏者としてZAPPというファンクグループの故ロジャー・トラウトマンがいます。スティービー・ワンダー(キーボード)やジェフ・ベック(ギター)が先駆者として存在しますが、ロジャーがトークボックスの存在を広めたといって間違いないでしょう。ソウル界では彼との共演を熱望するアーティストも少なくありませんでした。そして彼がいなくなった現在、トークボックスプレイヤーもかなり増えてきたように思います。

しかし、トークボックスの教則本が存在しない(すくなくとも日本では)。実際やってみるとかなり難しいですし、知ってなくてはいけないコツがあります。幸いインターネットがありますし、ブロードバンド時代なので演奏を動画でアップして、それを見てもらってアドバイスをもらうということを繰り返して、それなりにコツや方法がわかってきました。(Thank U 4 talkbox players in the world!)いつかそのコツをまとめられたらと思うのですが、まだまだ練習しないとわからない事もありそうです。楽器屋に行っても普通にトークボックスが並んでるのを見た事がないし、まだまだ謎に包まれた存在のような気がします。

To Top

トークボックスを聴く。

ネットで検索すれば沢山のプレイヤーのトークボックス演奏を観ることが出来ます。まずは観て研究しましょう。

YouTubeで「TALKBOX」を検索!

To Top

トークボックスを買う。

ROCKTRON ( ロックトロン ) BANSHEE

バンシー

ビニール管を口に加え、プレーヤーの口の形によって音色を操るエフェクター。従来のトークボックスのようにアンプとスピーカーの間に設置するタイプと異なり、ギターとアンプの間に接続し、マイクで拾うだけなのでセッティングも簡単。
私も使用していましたが、普通のエフェクター感覚で接続できます。アンプ内臓で軽いし初心者にはオススメ!ギターを接続した場合、GAINをあげてやるとさらに音がかっこいい感じに歪んで音圧もかなり増して威力を発揮します。

サウンドハウス 製品詳細・値段

JIM DUNLOP ( ジムダンロップ ) HT1(HEIL TALK BOX)

JIM DUNLOP ( ジムダンロップ ) HT1(HEIL TALK BOX)

アンプとスピーカーキャビネットの間に接続し、チューブを口にくわえ、マイクで音を拾うタイプ。アンプが必要。

サウンドハウス 製品詳細・値段
こちらで音の試聴とマニュアルのダウンロードができます。

トークボックスに使えそうなコンプレッションドライバー

GOLDEN THROATに内蔵されていたといわれているELECTRO VOICE の1823Mの周波数が400HZ~10kHzだった(参照)ようです。それに近い周波数を持ったドライバーを紹介します。

PEAVEY ( ピーヴィー ) RX22 HF Driver

PEAVEY ( ピーヴィー )  RX22 HF Driver

<スペック> ■ドライバー ■口径:2インチ ■スロート径:0.875インチ  ■インピーダンス:8Ω ■許容入力:70W(RMS)、140W(PGM)、280W(PEAK) ■感度:111dB ■周波数特性:500Hz~20kHz ■重量:2.5kg

パワーも十分、結構良い音がします。音量をあげ過ぎるとドライバが飛ぶので注意が必要です。

サウンドハウス 製品詳細・値段

To Top

トークボックスをつなぐ。

アンプを内蔵しているBANSHEE以外はパワーアンプが必要です。アンプは50WぐらいあればとりあえずOK。あまりパワーのあるアンプを使うと、HEILなんかはドライバーが飛ぶのそうなので注意が必要。逆にパワーのないアンプだとドライバーの性能を十分に発揮することができません。 しかし、そんなに高価なアンプを使う必要はありません。あまりパワーのある音を出しても口の中がえらいことになりますし・・・ ギターやベースのアンプヘッドを使うのももちろんOK。ベースアンプのスピーカーをホーンドライバに付け代えても使えるんじゃないかと思います。 私はRoland SRA-50というアンプを使用しています。ハーフラックサイズでコンパクト。パワーも十分です。

YAMAHA DX27基盤

キーボードは乱暴に言ってしまえばトークボックスらしい音が出れば何でもいいです。大事なのは音色の設定です。いかに人間の声に近い状態にしてやるかがポイントです。まるで歌っているかのような効果が得られます。

一般的にはノコギリ派(SAWTOOTH)がトークボックスに合うと言われています。ロジャー・トラウトマンがライブでYAMAHA DX100を使っていたことから、FM音源を利用する人が多いようです。最近ではmicroKORGを使う人も増えています。ザップ・トラウトマンも使用しているようです。

KORG ( コルグ ) / microKORG

サウンド設定の大原則

  1. 人の声は和音は出ません。ですからモードは常に[Mono Mode]です。POLY(和音)のままだと非常に汚い発音に聞こえます。
  2. トークボックスの発音は子音を軽く発音して母音は発音しませんが、アタックが早いままだと滑舌が悪く聞こえます。そこでアタックを遅くします。人の声帯も子音の発音より少し遅れて声帯が震えていると思います。もちろんシンセサイザーが母音の役割を果たします。私はキーを軽く押さえると小さな音が少し出るくらいに設定しています。
  3. 人が歌う時、音程は常に滑らかに変化しています。ポルタメントを滑らかに設定すると、まるで人が歌っているかのように聞こえます。ポルタメントを設定しないと、ロボット的な声になります。これはこれで面白い効果があります。
    ちなみに最近はオートチューンというエフェクトを使って歌声を機械的に変化させるのが流行っています。これでもロボット的な歌声になります。ロボットボイスは曲にインパクトを与える大事なスパイスです。

ポイントはこの3つぐらいです。基本はノコギリ派(SAWTOOTH)ですが、この要領で音を作るとどんな音色でもある程度それっぽく聞こえます。

YAMAHA DX100

YAMAHA DX27基盤

To Top

トークボックスをする。

発音

簡単そうに見えてかなり難しく、ちゃんと発音して歌うとなるとコツを掴むまで時間がかかります。サウンド設定の大原則でも書きましたが、子音を軽く発音して母音は発音しません。有声子音(g, z, d, b など)は発音しやすく、無声子音(k, s, t, p など)になると発音が格段に難しくなります。体で覚えて練習あるのみです。きれいに発音する。歌を歌うんだということを常に意識して下さい。ピッチベンドとモジュレーションを駆使して人間の声の震えなどを表現します。

To Top